お掃除の豆知識

吸うだけでは取りきれない

吸い取るだけで不十分なときのお掃除方法

掃除機でどんなにきちんとお掃除をしても、皮脂の汚れや水分を含んだ汚れは、カーペットの繊維に吸着されてしまいます。そんなふうにこびりついた汚れは、日々の掃除機だけのお掃除で落とすことは困難です。そして、知らぬ間に、積み重なった汚れによって、薄汚れた使い古された印象を与えるカーペットになってしまうのです。カーペットの汚れが、どの程度か調べる簡単な方法をお伝えします。まず、白い紙切れをご用意ください。その紙切れで、いつも使われているために汚れがひどいところ、たとえば、お部屋の入口付近などを、何度かこすってみてください。その紙が薄汚れるようでしたら、カーペットには汚れがこびりついていることになります。そんなカーペットをクリーンにするには、以下の三つの方法があるのでご紹介します。

  • スプレー洗浄
  • 洗剤洗浄(シャンプー)
  • ドライクリーニング

一つ目のお掃除方法は、カーペット洗剤が、高圧ノズルを通ってカーペットに噴霧され、それと同時に、噴霧スプレー装置近くにある吸引ノズルが、除去した汚れを吸い取るという方法です。

メリット

  • 汚れがしっかり取れる
  • 毛足の根元から汚れが取れる

デメリット

  • 専用の機材が必要
  • 作業に時間がかかる
  • 乾燥に時間がかかる
  • 完全に乾燥するまでカーペットに上がれない
  • 床と粘着されている場合、カーペット接着材がはがれる可能性がある
  • 余分な水分によって床にダメージを与える可能性がある
  • 使い方を誤ると、染みをつくってしまう可能性がある

アドバイス

スプレー洗浄法は、手間がかかるうえに、失敗しやすい方法です。この方法を取り扱っているプロの方にお任せするほうがよいでしょう。

カーペットのシャンプー洗浄は、次のように行われます。

Step 1

まず、カーペットにシャンプーを塗布し、その後ディスククリーナーを使って、シャンプーをカーペットの毛足に擦り込みます。

Step 2

液体も吸引できる掃除機か、高圧洗浄機を使って、シャンプー後の汚れた水分を吸い取ります。

メリット

  • 汚れがしっかり取れる
  • 毛足の根元から汚れが取れる

デメリット

  • 専用の機材が必要
  • 作業に時間がかかる
  • 乾燥に時間がかかる
  • 完全に乾燥するまでカーペットに上がれない
  • 床と粘着されている場合、カーペット接着剤がはがれる可能性がある
  • 余分な水分によって床にダメージを与える可能性がある
  • 使い方を誤ると、染みをつくってしまう可能性がある

アドバイス

シャンプー洗浄法では、手間がかかるうえ、水分を多く使用するため、使用法を間違えるとカーペットや床に大きなダメージを与えてしまう可能性があります。この方法を取り扱っている専門の方にお任せするほうがよいでしょう。

フォアベルクのドライクリーニングは、次のような3ステップで行われます。

Step 1

パワーノズルEB370/360で、カーペットの毛足の根元から塵埃をしっかりと除去する。

Step 2

カーペット用ドライクリーニングパウダー(コボサン)をカーペットに均等に撒き、フレッシュナーキットFK360で、コボサンを毛足に揉みなじませます。

Step 3

約30分後、パワーノズルEB370/360で、汚れを含んだコボサンを吸い取ります。

ドライクリーニングパウダーのコボサンとパワーノズルEB370/360&フレッシュナーキットローラーブラシを使用したこのドライクリーニング方法は、落ちにくい皮脂の汚れも、しっかりきれいに除去します。さらに、バクテリア、ダニのフンや死骸、カビの胞子といったアレルギー物質までも、すっきり取り除きます。この高い性能により、コボサンは、TÜV(ドイツ技術監査協会)から「アレルギー患者推奨」の認定を受けた世界で最初の洗剤です。

メリット

  • クリーニング中でもカーペットに上がることが可能
  • 乾燥時間が短い
  • 早くて簡単な使用方法
  • 素晴らしい仕上がり
  • アレルギー疾患を抱える方にも優しい

デメリット

  • 専用の道具や洗剤が必要

アドバイス

カーペットは、コボサン、パワーノズルEB370/360、フレッシュナーキットを使って、安心安全なドライクリーニングを定期的に行うことをおすすめします。カーペットの美しい風合いと清潔感をいつまでも保つことができます。

フォアベルクの解決法

パワーノズルEB370/360とコボサン&フレッシュナーキットを使ったドライクリーニングを普段のお掃除に取り入れてみてはいかがですか。

スプレー高圧洗浄やシャンプー洗浄は、汚れが著しくひどい場合のときだけ利用するほうがいいでしょう。また、失敗するリスクが高いので、なるべく専門業者に依頼してください。ただし、手間とコストのかかるこの二つの洗浄法も、普段から定期的にドライクリーニングしていれば必要なくなるケースがほとんどです。

フォアベルクのドライクリーニングを試してみませんか。

パワーノズルEB370/360とコボサン&フレッシュナーキットを使ったドライクリーニングを、ご自宅で試してみてはいかがですか。お使いのカーペットの色合いや風合いが、見事に蘇る姿をご覧いただけます。ぜひデモンストレーションをお申し込みください。ホームケアコンサルタントが、直接みなさまのご自宅で実演させていただきます。オンラインショップも併せてご覧ください。

オンラインショップへ