日頃のケアで家族を守るPM2.5対策ファミリーキャンペーン!

[終了しました。次のキャンペーンをご期待ください。]

ご存知ですか?

健康被害を引き起こす可能性が指摘されるPM2.5

表

PM2.5は大気中に漂う直径2.5μm(マイクロメートル)以下の微小粒子状部室のこと。その大きさは髪の毛の太さの約30分の1ほど。その為、一般的なマスクの繊維を通りぬけ、呼吸器系等への健康被害が問題視されています。

空気中のPM2.5やホコリは空気清浄器の使用が一般的ですが、床や寝具についたものは吸い取るのがベスト

赤ちゃんの画像

赤ちゃんがハイハイする部屋は、しっかり掃除しておかないと赤ちゃんの体がPM2.5まみれに...。その為には高機能のフィルターを搭載した掃除機でしっかり吸い取って有害物質を外に出さないことが重要です。

床掃除
ソファーの掃除

ドイツ生まれのホームケアシステム コーボルトVKシリーズは

フィルター概念図

アレルゲン物質99.99%を閉じ込めるフィルター機能
本体内部の吸塵経路を極力少なくし、ホースやノズルなどあらゆるジョイント部分のシーリングまでも徹底的に追及。さらに複数の特許技術が搭載された3層構造のプレミアムフィルターがアレルゲン物質99.99をフィルターバッグ内に留置します。

PM2.5以下の有害物質もしっかりキャッチ

表

世界最大級の第三者機関であるTÜV(ドイツ技術検査協会)によって、コーボルトVK140/150のPM(微小粒子状物質)回収率を図のように証明しています。これによりコーボルトVK140/150がPM2.5のような微粒子をほとんど回収できているという事がわかります。

ドイツ技術認定協会

そんな毎日のお掃除で大切な家族に健やかな環境を

Instagram
このエントリーをはてなブックマークに追加