ロボットが充電ステーションではない物体にドッキングしようとする(VR200)

非常にまれなケースですがロボットが他の物体を充電ステーションと認識する場合があります。充電ステーションにはバーコードのような模様が刻まれており、レーザーセンサーを使いこの模様を認識します。この模様に似ているもの(たとえば色の違う本の背表紙の集まりなど)をロボットが認識するとそこへドッキングを試みる場合があります。
こういったものにカバーをかけたり取り除くことによって再発を防ぐことができます。

関連製品ラインアップ

Instagram
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
このエントリーをはてなブックマークに追加