ドイツ語講座 第34回

サービスホットライン

0120-26-8888

受付時間 9:00 ~ 17:30 (フリーダイヤル)
(年末年始、祝祭日を除く月~金)

今日の単語: Deutsche Erfindungen - Kaffeefilter

コーヒーフィルター

単語

Erfindung (die Erfindung{女性名詞}, pl. die Erfindungen{複数形}) 発明

Kaffee (der Kaffee{男性名詞}, pl. not used{複数形なし}) コーヒー

Filter (der Filter{男性・中性名詞}, pl. die Filter{複数形}) フィルター・濾過器

Kaffeesatz (der Kaffeesatz, pl. not used) (茶碗の底に残った)コーヒーのおり

背景

ドイツ国民は自国で生まれた多くの発明について誇りに思っています。特にドイツの技術者は昔も今も常に新しいものを生み出そうという思想が強いです。しかしそういったひらめきは時折ごく普通の人のところに降ってきます。コーヒーフィルターもそのひとつなのです。

35歳の主婦で2人の息子の母親でもあるメリタ・ベンツはよくコーヒーの中に混じってしまうコーヒー豆の粉に悩まされていました。彼女はその粉をどうにか取り除こうと様々な方法を試し、最終的にはこのようなアイディアにたどり着いたのです。彼女は金属缶の底に釘でいくつかの穴をあけ、息子が学校に持っていく練習帳の紙を粉を取り除くために付属のインク吸い取り紙を折り曲げて使用しました。そのアイディアは周りの友達に大好評だったので、メリタはビジネスを始めることを決意しました。

1908年6月20日に彼女が開発したフィルターの特許を取り、その後たった73ペニーの資本金で会社を立ち上げました。コーヒーフィルターは主に家のリビングルームで製造されていました。彼らは1909年のライプツィヒ展示会でコーヒーフィルターを1200枚売り上げ、1910年の国際衛生博覧会では金メダルを受賞しました。第一次世界大戦の影響は受けたものの急速に会社は成長し、リビングルームでの製造が難しくなってしまいました。1929年には80人の従業員を新たに雇い、1936年には現在の日本でも日常的に使われているコーヒー用のドリップフィルターが発売されました。

今日ではメリタグループは4000人以上の従業員が在籍し、後継者である孫たちにより14億ユーロ以上の売上を計上しています。コーヒーフィルターは現在では全体の10%ほどの売り上げとなっており、メインのビジネスはコーヒー自体の販売となっています。

さらにこの会社は掃除機用のフィルターバッグを製造することでも有名です。彼らはフィルターバッグ式とサイクロン式を比べた興味深い分析結果を公表しています。サイクロン式のダストボックスのゴミを捨てる時の部屋の中の埃充満度は、フィルターバッグを交換する時の10倍にもなることを専門家が発見しました。アレルギーに苦しむ方だけではなく、すべての人がこの結果を掃除機を買う際の参考にするべきではないでしょうか。

第35回: Christstollen

第33回: Autoreisezug

ドイツ語講座一覧

サービス情報

よくあるご質問

お近くのリペアセンター

フォアベルクのリペアセンターをお探しですか?: お手元のフォアベルク製品について、「あれ?ちょっとおかしいな?」「故障かな?」と思ったら、フォアベルクのリペアセンターにお問い合わせください。お近くのリペアセンターが対応します。

リペアセンター検索

カタログ無料送付

製品カタログをお手元に無料で送付いたします。ご希望の方はこちらのフォームからお申し込みください。

ショールームのご案内

ご覧の製品を実際に手に取りホームケアアドバイザーからの説明を受けてみませんか?

デモンストレーションのお申込み(VK140のみ)

フォアベルクのホームケアシステムの素晴らしい性能と「そんな所もお掃除できるの?」という多機能性を、実際にお掃除をなさるその場所で体験してみませんか?

ショッピングガイド

フォアベルクオンラインショップの利用方法を商品の選び方から購入までの流れに沿ってご説明します。

コーボルトの約束

フォアベルクとコーボルトジャパン株式会社は非常に明確でお客様の利益を重視したポリシーを掲げています。

健康・衛生及び環境への取り組み

環境意識や健康、そして衛生観念を高く持つことで、フォアベルクの商品は発展してきました。

Kobold Sales App

アップストアにコーボルト製品を紹介するiPad専用アプリが登場。壁やソファに触れてみると...。パスワードは「kobold」です。
(動作条件や操作方法等につきましてはアップル社のWebサイトをご覧ください。弊社へのお問い合わせはご容赦ください。)