スーパーGT | BMW Team Studie (2016)

サービスホットライン

0120-26-8888

受付時間 9:00 ~ 17:30 (フリーダイヤル)
(年末年始、祝祭日を除く月~金)

私たちは「BMW Team Studie」を応援しています。

スーパーGT 第8戦|ツインリンクもてぎ【11/13・決勝】

シリーズ最終戦は15番グリッドから12位フィニッシュへ

第8戦|ツインリンクもてぎ

2016シーズンを締めくくる第8戦。最終戦を前にシリーズ優勝の可能性を逸したチームは有終の美を飾るとともに、来るべき新しいシーズンのために高いパフォーマンスを示すべく、250kmのレースに挑む。最終戦はレギュレーションによって全車ノーハンデ。仕切り直しのぶつかり合いだ。

午前の予選結果により15番グリッドからスタート。ドライバーはヨルグ・ミューラー選手が起用された。整ったフォーメーションから危なげなくスタートしたヨルグ・ミューラー選手は15番手のポジションをキープして、スムーズにレースに入る。ただし、履いているタイヤは予選で使ったものであったこと、また路面に落ちていたタイヤ片がトレッド面に付着したこともあり、序盤からアンダーステアに悩まされる。5周目には決勝レースチームベストの1分51秒098をマークするもの競り合いの中、ポジションを14番手、16番手と前後に移しながら、後続を抑えるのにも苦労する展開に。

硬直状態を打開すべく、チームは動く。17周目に予定していたピットインを1周早めて、15周目にピットサインをヨルグ・ミューラー選手に示す。16周目には他チームも含めピットインするマシンが続く。タイヤを交換しない無交換作戦を選ぶチームもある一方、BMW Team Studieはタイヤ4輪を交換。メカニックたちは完璧な作業で期待に応え、No.7 Studie BMW M6のステアリングを荒 聖治選手に託す...

続きはレースチーム公式ページへ

予選はこちら

[関連サイト]

◯チーム公式サイト

http://www.teamstudie.jp/

◯Facebookファンページ

https://www.facebook.com/bmwsportstrophyteamstudie

◯Twitterアカウント

@teamstudie

◯BMW M HEAT

http://bmw-m-heat.jp

スーパーGT 第7戦|ブリーラム ユナイテッド インターナショナル サーキット(タイ)【10/09・決勝】

16番手スタートから6位入賞。

GT300第7戦|ブリーラム ユナイテッド インターナショナル サーキット

Rd.7 決勝日の天候は晴れ。焼けつく日差しの元、午前のフリー走行からスケジュールは始まった。チームが準備したのは、決勝に向けてのMenu。15時からの決勝に投入予定のタイヤライフ等を確認するため、セッション前半を荒選手が、後半とそれに続くサーキットサファリをJorg選手が担当した。用意したMenuを完了した手応えは上々。チームは自信を持って決勝に挑んだ。

Rd.7の決勝スタートは15時。気温33℃・路面温度49℃の厳しいコンディション下で300Kmの戦いは始まった。スタートドライバーは荒聖治。荒選手は、後方16番手の混戦を上手く抜け出し、1周目のコントロールライン通過時にはそのポジションを11番手まで上げた。続く2周目以降もポジションキープ。前車とも1秒以内の位置に付け、オーバーテイクのチャンスを窺う展開となった。しかし、高温コンディション下、前車に近づきすぎる事は、水温の上昇を招く。荒選手は、マシンコンディションのマネージメントを確実に行いながら、Lapを重ねて行った。

迎えた17周目、集団から抜け出す事を狙ったチームは、作戦どおりルーティンのPitストップを行うべく、ホームストレートを通過する荒選手にPit-inを指示した。続く18周目に荒選手はPit-in。チームは正確なPitワークで続くJorg Muller選手をコースに送り出した...

続きはレースチーム公式ページへ

予選はこちら

[関連サイト]

◯チーム公式サイト

http://www.teamstudie.jp/

◯Facebookファンページ

https://www.facebook.com/bmwsportstrophyteamstudie

◯Twitterアカウント

@teamstudie

◯BMW M HEAT

http://bmw-m-heat.jp

スーパーGT 第6戦|鈴鹿【8/28・決勝】

決勝スタート目前に痛恨のエンジンブロー、リタイヤ。

GT300第6戦|鈴鹿

チームの決勝プランは5ストップ、6スティント。ドライバーの走行順序はヨルグ・ミューラー選手→荒 聖治選手→アウグスト・ファルフス選手→荒 聖治選手→アウグスト・ファルフス選手→ヨルグ・ミューラー選手を予定。強力な布陣で最速のチェッカーフラッグを目指しました。

決勝を目前に20分間のウォームアップ走行を迎えます。朝からの雨で路面が濡れており、レインタイヤ装着を想定して、ヨルグ・ミューラー選手がタイヤ選定を担います。予選の鬱憤を晴らすかのようにサーキットへ飛び出すヨルグ・ミューラー選手。ところがエンジン異常が無線から伝わります。すぐさまピットに戻ってきたBMW M6 GT3からは水蒸気が立ち上っていました。エンジンフードを外して入念にチェック。ここで冷却水のパイプが外れているのを発見。グリッド整列を目指してメカニックたちが懸命に復旧を急いだものの、敢えなくピットクローズド。ピットスタートが決定してしまいます。さらに、決勝に向けて各部をチェックしたところチームはエンジンブローを確認。決勝レースの出走を諦めなくてはなりませんでした...

続きはレースチーム公式ページへ

予選はこちら

[関連サイト]

◯チーム公式サイト

http://www.teamstudie.jp/

◯Facebookファンページ

https://www.facebook.com/bmwsportstrophyteamstudie

◯Twitterアカウント

@teamstudie

◯BMW M HEAT

http://bmw-m-heat.jp

スーパーGT 第5戦|富士【8/7・決勝】

メカニカルトラブルに悩まされながらも20位完走

GT300第5戦|富士

メカニカルトラブルに見舞われて予選20位と不本意なポジションからのスタートとなったチームは決勝で再起をかける。スタートドライバーはヨルグ・ミューラー選手。前戦のスポーツランドSUGOではスタートラップ(うち半周)だけで5台を抜くジャンプアップを見せている。当然、チームの期待は高まる。ところがフォーメーションラップを終えキレイなスタートラップとなるが、ヨルグ・ミューラー選手から無線が入る「水温が高い」。そして刻々と変化する水温値を読み上げる。エンジン冷却水の温度が上がると、過給圧を抑えてパワーを下げるセキュリティが発動する。すぐにヨルグ・ミューラー選手の様子がおかしいことに気づく。ホームストレートで全くスピードが伸びない。ジャンプアップどころか後続に続々とパッシングされる時間帯が続く。

さらに追い討ちをかけたのが、ミッションのシフトチェンジが正しく作動しない。ついにスローダウンを余儀なくさせられるヨルグ・ミューラー選手。これは搭載されているCPUの過熱が疑われる。たまたまセーフティカーが入り、クールダウン走行で復帰する...

続きはレースチーム公式ページへ

予選はこちら

弊社代表取締役 アントン・ヤッチとスタッフが応援に駆けつけました。

GT300第4戦|菅生
GT300第4戦|菅生

先日8/4(木)にはレーシングチームドライバーの一人であります、ヨルグ・ミューラー選手が東京ショールームに来訪されました。その様子は こちらから

[関連サイト]

◯チーム公式サイト

http://www.teamstudie.jp/

◯Facebookファンページ

https://www.facebook.com/bmwsportstrophyteamstudie

◯Twitterアカウント

@teamstudie

◯BMW M HEAT

http://bmw-m-heat.jp

スーパーGT 第4戦|菅生【7/24・決勝】

7月24日 決勝10位で貴重なポイントを奪取

GT300第4戦|菅生

午前のウォームアップ走行は霧雨。スリックタイヤを履いてレーストラックへ出るも、路面はウェット。最終コーナーなどところどころスリックでは対応できず、すぐにピットイン。レインタイヤに交換した。そのまま、レインタイヤで走行。決勝に向けて確認しておきたかったメニューをこなせず、ある程度想定してはいたものの、決勝レースはぶっつけ本番の要素を残すことになった。

14時決勝スタート。スタートドライバーを務めたヨルグ・ミューラー選手は、17番手の位置から四方を取り囲まれた状態でコントロールラインを通過。装着したタイヤは予選Q1で使ったものだ。最初のコーナーをアウトから侵入し、鮮やかなライン取りで先行車を次々パス。次にコントロールラインへ戻ってきたときには、いきなり12番手の位置にジャンプアップしていた。ヨルグ・ミューラー選手は混戦になればなるほど躍動する...

続きはレースチーム公式ページへ

予選はこちら

弊社代表取締役 アントン・ヤッチが応援に駆けつけました。

GT300第4戦|菅生
GT300第4戦|菅生
GT300第4戦|菅生

[関連サイト]

◯チーム公式サイト

http://www.teamstudie.jp/

◯Facebookファンページ

https://www.facebook.com/bmwsportstrophyteamstudie

◯Twitterアカウント

@teamstudie

◯BMW M HEAT

http://bmw-m-heat.jp

スーパーGT 第3戦|オートポリス【5/21-22・中止】

スーパーGT 第2戦|富士【5/4・決勝】

5月4日 メカニカルトラブルに見舞われ戦線を離脱、24位に沈む。

GT300第1戦|岡山予選

岡山からの連続入賞、そして初優勝を必達として挑んだ決勝レース。500kmのディスタンスはミニマム2ストップが定められており、3スティントを基本方針としてスタートドライバーに荒 聖治選手を起用する。予定通り14時に決勝がスタート。この時から快晴のもと気温も路温も上がっていた。2列目の位置、4番手から飛び出した荒 聖治選手はスリリングな駆 け引きを制して、いきなり3番手に浮上。コントロールラインを通過すると、そのままの勢いで1コーナーの立ち上がりで2番手に上がった。このとき、1分38秒818をマークする鋭い走りをみせる。

上々の滑り出しと、力強い走りに勝利への道筋を見たのもつかの間、突然、ステアリングに異常を感じて予定外のピットイン。異常を感じた原因はパワーステアリングフルード漏れ。とてもレースを続けられない状態だった。大きなアクシデントに発展しなかったことにホッとしつつ、メカニックがフル回転で修復に努める。安全を確認した上で、ヨルグ・ミューラー選手がコースに復帰したときにはすでにトップから15周遅れ。事実上、ここで優勝への勝負権を失ってしまうものの、ヨルグ・ミ ューラー選手は1分39秒台のハイペースで巻き返しを図る...

続きはレースチーム公式ページへ

予選はこちら

[関連サイト]

◯チーム公式サイト

http://www.teamstudie.jp/

◯Facebookファンページ

https://www.facebook.com/bmwsportstrophyteamstudie

◯Twitterアカウント

@teamstudie

◯BMW M HEAT

http://bmw-m-heat.jp

スーパーGT 第1戦|岡山【4/10・決勝】

新体制のデビューレースを3位で表彰台に上る

GT300第1戦|岡山決勝

前日の予選結果を受けて3番グリッドからスタート。スタートドライバーはヨルグ・ミューラー選手。参戦3年目となったヨルグ・ミューラー選手は落ち着いたスタートを決めて3番手をキープ。順調に周回を重ねました。そして29周目にピットインして荒 聖治選手にドライバーチェンジ。ニュータイヤを履いたBMW M6は優勝を目指してプッシュを続けるも、そのままフィニッシュ。開幕戦を3位として幸先の良い新シーズンのスタート切りました...

続きはレースチーム公式ページへ

予選はこちら

[関連サイト]

◯チーム公式サイト

http://www.teamstudie.jp/

◯Facebookファンページ

https://www.facebook.com/bmwsportstrophyteamstudie

◯Twitterアカウント

@teamstudie

◯BMW M HEAT

http://bmw-m-heat.jp

もどる

Instagram
このエントリーをはてなブックマークに追加

サービス情報

よくあるご質問

お近くのリペアセンター

フォアベルクのリペアセンターをお探しですか?: お手元のフォアベルク製品について、「あれ?ちょっとおかしいな?」「故障かな?」と思ったら、フォアベルクのリペアセンターにお問い合わせください。お近くのリペアセンターが対応します。

リペアセンター検索

カタログ無料送付

製品カタログをお手元に無料で送付いたします。ご希望の方はこちらのフォームからお申し込みください。

ショールームのご案内

ご覧の製品を実際に手に取りホームケアアドバイザーからの説明を受けてみませんか?

デモンストレーションのお申込み(VK140のみ)

フォアベルクのホームケアシステムの素晴らしい性能と「そんな所もお掃除できるの?」という多機能性を、実際にお掃除をなさるその場所で体験してみませんか?

ショッピングガイド

フォアベルクオンラインショップの利用方法を商品の選び方から購入までの流れに沿ってご説明します。

コーボルトの約束

フォアベルクとコーボルトジャパン株式会社は非常に明確でお客様の利益を重視したポリシーを掲げています。

健康・衛生及び環境への取り組み

環境意識や健康、そして衛生観念を高く持つことで、フォアベルクの商品は発展してきました。

Kobold Sales App

アップストアにコーボルト製品を紹介するiPad専用アプリが登場。壁やソファに触れてみると...。パスワードは「kobold」です。
(動作条件や操作方法等につきましてはアップル社のWebサイトをご覧ください。弊社へのお問い合わせはご容赦ください。)